SLASH <スラッシュ>

≫  SLASH > 陸っぱりティップラン-GTR釣法- > 陸っぱりティップラン-GTR釣法-

陸っぱりティップラン-GTR釣法-

陸っぱりティップラン絵JPG-3

陸っぱりティップラン

GTR(Ground Tip Run)とは・・・

●船でのティップランとの比較という意味では、

?「フィールドを選ばず、だれでも簡単に出来ます」

●活性の高いイカを高確率で狙う釣法です

 

●今まで見逃していたアタリが取れます、しかも目視でアタリ

?を捕えることができるので、釣った感は200%!

<釣り方>

①エギ竿(できれば専用ROD)の8ft~8.6ftにPEライン

 0.4号~0.8号・リーダーはフロロカーボンライン1.2号~2.0号を

 セットし、エギは2.5号~3.5号(21g)までを使います。

 ここまでは、普通のエギングタックルと同じセッティング!

 エギは、一般のエギでOK。船のティップラン専用のエギは

 NG(ダメ!)です。重すぎます。注意してください。

②エギをセットしたら、十分な垂らしを取って、キャスト!

 ティップだけで投げるサークルキャストは、超繊細な穂先に負担

 がかかりやすく、折損の危険があるので、サークルキャストはし

 ないでください。

③エギを海の底に着底させたら「巻きシャクリ」を開始します。

 スラックジャークや2段シャクリをしません。

 どのレンジを探るかによって巻きシャクリの回数は変わります。

 巻きシャクリの後、通常のエギングでは、テンションフォールや

 フリーフォールをさせますが、「GTR」は、

 「スローリトリーブ」を行います。つまり、ハンドルを

 「ゆ~っくり」巻きます。これにより、エギとラインが一直線に

 なります。

④エギとラインが一直線になることを「完全テンションリトリーブ」

 という事にします。

 この完全テンションリトリーブを保ったままで数回(約3回~5

 回)リールを巻きます。ここでアタリがなければ、リールのベール

 を起こして、再びエギを着底させる。これの繰り返しです。

⑤ここまでの釣り方なら、今までのエギ竿でも可能ですが、GTR専

 用RODで無ければと、アタリが取れず、わかりません。今まで見

 逃していたアタリを目視で捕えることが出来、掛け合わせていく

 新しい釣法に最適なROD「ARCARD AIR TYPE-X

 802GTR」を使用していただく事をお勧めいたします。